石川県産のフルーツを食べよう 石川県果樹園芸協会

石川県のおいしい果物 ぶどう・りんご・なし・もも・くり・かき・いちじく・ブルーベリー

いしかわ県産のくだものの美味しい情報をお届けします

HOME ≫ かき ≫

かき

石川のかき

かき カッキー
石川県のかきは、川北町およびかほく市以北を中心に栽培されています。
川北町では甘柿、かほく市では紋平柿(もんべいがき)、志賀町ではころ柿の生産が盛んです。

品種/旬の時期/産地

主な品種 甘柿:富有(ふゆう) 渋柿:平核無(ひらたねなし)、紋平(もんべい)、最勝(さいしょう)(ころ柿の原料)
10~11月(ころ柿は12~1月)
主な産地 川北町、かほく市、志賀町、中能登町、穴水町、能登町

紋平柿について

かき(紋平)
「紋平柿(もんべいがき)」は、石川県原産の渋柿で、脱渋したものは果汁が多く、なめらかな肉質が特徴です。
主な産地は、かほく市で10月下旬~11月中旬にかけて出荷され、地元の風物詩となっています。
かほく市元女集落の屋号が「門平さ」と呼ばれる家の庭に、樹齢100年を超える大きな柿の木があり、収穫した柿を前田候に献上したところ大変喜ばれ、家紋の紋の一文字を賜り、「紋平柿」と呼ばれるようになりました。
加工品にも力を入れており、紋平柿を使ったお菓子等の販売も行っています。

ころ柿について

かき(ころ柿)
「ころ柿」は、中能登地域特産の干し柿で、外観は鮮やかな飴色をしており、果肉は繊維質に富んで柔らかく上品な甘さが特徴です。
主な産地は志賀町、中能登町で、12月~1月にかけて出荷され、正月の高級贈答品に用いられています。
原料柿の「最勝(さいしょう)」は、加茂村と下甘田村の農家がころ柿に適したものを選抜したことから生まれました。
志賀町のころ柿の中でも、地域固有の柿である「最勝」を用いたものについては、伝統の技法による高い品質が認められ、「能登志賀ころ柿」として地理的表示保護制度(GI)にも登録されています。

歴史

石川県のかき栽培は、藩政時代からみられ、羽咋郡加茂村大字倉垣、下甘田、中甘田村(現在の志賀町)で、「函屋柿」「長太郎柿」「良川吊るし柿」「モチ柿」「ヒダ柿」などと呼ばれるかきが散在していたとの記録が残っています。
干し柿に適した品種の「最勝」は、古くから農家が自家用ころ柿の原料柿として用いていましたが、昭和7年頃からは販売用ころ柿の生産が本格化しました。
さわし柿に適した品種の「紋平柿」は、昭和58年から、高松町瑞穂地区で産地化の取り組みが行われました。
名称 石川県果樹園芸協会
住所 〒920-8580
石川県金沢市鞍月1丁目1番地 石川県農林水産部生産流通課内
TEL 076-225-1621
FAX 076-225-1624

購入に関するお問い合わせ

モバイルサイト

石川県果樹園芸協会スマホサイトQRコード

石川県果樹園芸協会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!